自分へのご褒美

満腹レストラン

自分へのご褒美

朝は目覚めに熱いコーヒーを頂きます。
牛乳を少しだけ足して、疲れていると感じた朝はお砂糖も少し加えます。
日本人はコーヒーが好きな人が多いそうです。
祖母もコーヒーが好きで、良く一緒にコーヒーを飲みに行きました。

自宅でコーヒーを飲むにも、インスタントからコーヒーメーカーなどは一般的ですし、最近では本格的なコーヒーを抽出できる機械も家庭用に販売されていて、今やカフェだけでなくオフィスや自宅でも本格的で美味しいコーヒーが飲めるようになりました。

自宅でもカフェと同じコーヒーが味わえる、とはいえカフェに行く人は減りません。
それはコーヒーを味わうだけでなく、そのカフェの雰囲気を楽しむために訪れる人も多いように思います。
時間つぶしに利用する人もいますし、自分の時間を楽しむ人もいます。
最近のカフェではインターネットも利用できるように電源を用意していたりと、ビジネスマンにも便利な機能を備えたお店も増えてきています。

ちょっと自分へのご褒美。
そんなコーヒータイムを持てるゆとりが出来ると日常も違ってきます。


コーヒーの健康効果について

コーヒーの健康効果には、様々なものがあります。
まずはカフェインによる覚醒効果です。
カフェインによって目が覚める、気分が高揚するというだけでなく、神経伝達物質の抑制を阻止する効果によって神経伝達物質の放出がなされるため脳の機能そのものが向上するという効果も得ることができます。
脂肪の燃焼を高めてくれる効果もあります。
脂肪の燃焼を高めるだけでなく、身体機能も向上させてくれます。
糖尿病やアルツハイマー病、パーキンソン病のリスクを下げてくれるような効果もあります。
肝臓にも効果が期待でき、肝臓がんや肝硬変のリスクを下げてくれる働きも期待することができます。
コーヒー豆にはビタミンやミネラルなどが含まれて居ますので、栄養を摂取することもできますし、抗酸化物質も摂取することができます。
健康によい効果が様々ある飲み物ではありますが、飲み過ぎがよくないことは言うまでもありませんので適量を心がけることが大切です。
効果的に飲むためには時間帯にも注意が必要であり、夜飲んでしまうと眠れなくなる方もいらっしゃいます。
睡眠にトラブルを抱えていらっしゃる方は、午後二時程度を目安として、あまり遅い時間に飲まないことが大切です。
そして、砂糖の入れすぎなどにも注意しましょう。
コーヒーは体によい飲み物ですが、その健康効果を引き出すためには、飲む量や飲むタイミング、砂糖やミルクなど一緒に入れるものについても意識をすることが大切です。

注目サイト

活性Ⅱ型コラーゲンで美肌
http://www.bionasa.jp/
交通事故の高額な慰謝料
http://www.ishii-law.jp/cn9/pg95.html
国際結婚 中国
http://tokaien.jp/
町田 美容院
http://www.doublehairdesign.biz/
あこや真珠
http://www.imakei-pearl.co.jp/